に投稿

夫婦がケンカする理由の一つ

若い恋人同士の会話。愛があればお金なんて要らないよね。全くないと困るけど、食べていけて、住むことができるお金があれば、いいよね。愛があれば大丈夫。

だいたいみんなそんな感じで付き合い始めて、やがて結婚したりする。

で10年も経つとこう言う。お金、銭が必要だ。

それはそうだ。結婚すればお金は必要になっていく。ご飯は贅沢をしなければそこまでおかねは掛からないが、住むところは、いろいろとお金がかかる。

賃貸であれば、入居するために敷金礼金、2年に一度の更新費用。引っ越しするならまた同じようにかかる。

持ち家にしたって、35年のローンを組んで70歳ぐらいまで支払いをしなければならないし、固定資産税という税金も10万円前後支払う人が多いそうだ。

で、やがて子供ができる。

その子供にかかるお金がばかにならない。

幼稚園に行くにしたって、制服代。地元の市立小学校に行ったって、毎月の給食代、教科書代、遠足代、ともだちと同じ塾に行きたい!なんて言い始めたら大変だ。

サッカーが習いたい、空手やってみたい!こどもの探求心はあくなきものだ。

これが中学、高校、大学と進学すれば、さらに親の懐は大変で、よほどの余力がない限り家計は火の車になる。

お金はあればあるだけ良いのが今の日本の現状なのだ。出会い系サイト 無料なのが嬉しい。

に投稿

一緒にいて楽な人になれるかどうか

婚活をしている後輩がいる。後輩と言っても40代半ばの男だ。見た目が若いこともあって、婚活パーティーなどに参加すれば半々の確率で連絡先を持ち帰り、次のデートにつなげている。

先日はそのパーティーで知り合った女性と付き合うことになったと紹介を受けた。すごくステキな女性で、それはもう良かったと喜んでいた。しかしあえなく数か月後に破局してしまったという連絡を受けた。

何がいけなかったのか本人もわかっていないし、その女性も本音を告げたのかわからない。ただ一つ言えるのは、少なくともその彼女に未来を見せてあげることができなかったのが別れの理由になると思う。

これはもう大きな意味で言っています。とどのつまり、女性が結婚したいと思う男性は、その女性に未来を見せてあげられるかどうかです。

このままこの人と一緒にいたいという気持ちも、実は未来をみてるから思えることなのです。

ではどうすれば女性に未来を見せてあげられるのか。それは一緒にいて楽しい。楽。これをどこまで感じさせられるか。楽って大事。あまり仲の深くない人間と46時中いるのは苦痛もありますよね。つかれる。

それの逆で、話をしないでも一緒にいて普通。こんな二人でいられらたら、この人と一緒にいたいとおもうのではないでしょうか。

出会いの数を増やしたいなら大手の出会い系サイトを使うのもありだと話しました。はじまりは何でも良いと思うのです。一番人気はコチラでした。pcmax

に投稿

独りでいることの不安は誰しもにある

独りでいることがいや。
独りは不安。

これは誰しもが思うようです。

私も独身時代のある晩に、実家の自分の部屋で「あ、俺はこのまま子孫(何も)も残さずにこの世からいなくなるのだろうか。だとしたら、俺は何のために生まれて、何のために生きているのだろうか。生きた意味があるのだろうか。」

そんなどうしょうもないことを強く思い、とてもコワく感じたことがあります。

この話をすると大抵の友人は、わかる、そんな事俺もあった。

そんな答えが返ってきます。

 

数ヶ月前に嫁の問題で離婚した友人がいます。

この数ヶ月の間は子供がほしいという理由で、結婚相手を探すために、街コンに参加し続けています。

私が知る限り街コンというイベントは、連絡先を得ることができても、なかなか個別に会ったりできない人が多い中、その友人は4人ほどとデートを重ねています。

周囲に比べたら筋トレで鍛えた若々しい体躯が、その見た目が気に入られているのでしょう。

さてこの友人、孤独が寂しいというのです。

結婚相手ができるまでおそらく孤独を感じてしまうのでしょうか。

いや、まだ彼氏彼女という恋愛関係までたどり着けば、この孤独からは開放されるでしょう。

あの感覚は誰も好むものでないから、一日でも早く幸せを感じてほしいと願うばかりなのです。

に投稿

30代なかばの女性が50代男性にもてる理由

先日ネットコラムに書いてあった内容がなるほどなと思ったのでシェアします。
URLが貼れれば良いのですが、失念しました。

内容ですが、30を過ぎてから結婚相談所に入った女性が同世代から40代前半の男性を狙ったが全く相手にされなかった。

50代の「おじさん」からはもてるようで、多くのメッセージをもらっていたが、さすがに50代はおじさんすぎると敬遠していたが、一度会ってみたら余裕もお金もあってとても心地よく結婚を決めようと思っているという話だ。

彼女なりに感じたところは、40代前半ぐらいの男は子供が欲しいという理由で20代の女性を選びたがる。

しかし50代の男性は子供が成人した時に70になることから、子供は希望しない。そうした時に年代の近い30半ばぐらいの女性はとても魅力的なようだ。

確かに男の立場からもそれは考えられる。40代ぐらいの独身男は確かに20代後半ぐらいのこれから子供も授かることができる年代の女性を好む。

しかし、年上の男性を好まない限り、20代の女性は40代の男性になびくことは少なく、結果的に彼らは50代独身男になるのである。

難しい、実に難しい。子供がほしい40代男性は30代前半までの女性にアタックし続けるしかないのである。自分なんてもう年老いたおじさんだなんて思わないことだ。10年後、今の自分をみて若いと思うのだから。

に投稿

結婚相談所って高いよね

結婚相談所は入会金から月会費、結婚が決まれば成婚料が必要だ。

結婚を希望する男女を仲介するとはいえ、仲介料としてはいささか高い様に思える。

私の友人が最近離婚をし、40を過ぎて再婚相手を探しているのだが、結婚に対して最短距離であろう結婚相談所は、この高いシステムのために断念している。

しかし、昨晩知ったのだが、リプリーという結婚相談所が入会金も月会費もなく、成婚料だけを受け取るシステムなのだそうだ。

これは利用者としては大分入りやすいシステムだと思い、友人にすすめようかと思っているのだが、このシステムは本当に結婚に最短距離なのか疑問に思った。

つまり、結婚したいなぁぐらいのライトユーザーがかなり多くなると思うのだ。本気で結婚相手を探しているひとが集まるのが結婚相談所のイメージなのだが、これではお互いの温度差が出てしまうことがおおくなってしまうのではないかと勘ぐってしまうのだ。

とはいえ、入らない手はないと思っている。今現在友人は街コンに参加し、恋愛から結婚の道を探しているわけだが、それよりも結婚には近い位置にリプリーはると思うのだ。徒労に終わり時間の無駄にならないように、見定める目は友人にあると思っている。みな幸せになれ。jメール福井

に投稿

アラサー男性の結婚感

私の経験でアラサー男性の結婚感について書いてみる。男が一番モテる時期で多いのが26歳から29歳ぐらいである。ある程度仕事に余裕が生まれ、プレイベートでも同年代の女性から結婚相手の大本命とみられる年頃だ。

それをいいことに結婚を後回しにしていると30歳の夜に、俺は自分の遺伝子をこの世に残さずに死ぬのかなどと心配をする夜を過ごすことになる。これがかなり強烈なやつで、なぜか本当にこわいと思うのである。

26歳ぐらいであると結婚はまだいいか思う男性が多いようで、ここ最近多い男性の結婚した年を見ると30代前半である。きっと30を超えてヤバイ俺の遺伝子残さねーととなるのである。(主観)

さて、結婚しなきゃヤベーと思って、結婚できる男はいいとして、それが敵わない男はどうすれば良いのか、私の周りの事例を挙げて考えてみたい。

結果からいえば、とにかく出会いを増やすことである。合コンや紹介がなければ片っ端から街コンに参加すべきである。間違ってもお金を払ってキャバクラに通い、キャバ嬢を口説こうとするのは愚の骨頂。彼女いない歴年齢の男は特に注意。彼女たちはいかに擬似恋愛をさせるかが仕事なのですから、本気になっちゃいけませんよ。

に投稿

男にとって結婚はデメリットしかないという未婚の男

結婚しない理由を訊かれ、結婚は男にとってデメリットしかないから結婚しないと答える未婚の男が多い。金持ちになんかなりたいと思わないというフリーターと同じだ。できるけどやらないのと、できなくてやれないのとでは違うのだ。

さて、本当に結婚は男にとってデメリットしかないのであろうか。少し思い当たるところを書き連ねてみよう。

まず自分以外にお金が掛かる。専業主婦の嫁をもつなら、嫁の保険代、食費、光熱費、衣服費、子供をもうけるなら、学費などもプラスされる。

次に自分の時間があまりもてない。家には家族がいるので、自分ひとりで過ごす時間というのがあまりもてなくなる。

あとは、はでに遊べないことですかね。既婚者が大遊びをすることはイコール不貞行為になり、慰謝料請求の対象になります。その知識があれば、遊ぼうという気になりません。不倫だなんだと遊んでいる男は、その代償が300万ほど掛かることを知らないのでしょう。自分は大丈夫だと思っているのでしょう。

さて、こんなところが男にとっての結婚のデメリットでしょうか。

では次にメリットを書いてみます。

理想の嫁と結婚した場合のメリット

店屋物でなく、美味しい家庭料理が食べられる。

帰るとおかえりと出迎えてくれる。

子供がいる場合

子供の成長を自分と重ね合わせて昔を思い出せる。

寝顔に癒やされる。

結婚のメリットの一番は子供の寝顔に癒やされることですかね。

しかし理想とは真逆の嫁をもらった場合は大変です。

飯つくらない。まずい。

掃除しない。洗濯しない。洗い物しない。

金遣いが荒い。

こんな嫁と結婚したら後悔するでしょうね。

まとめます。結婚相手による。jメール 会えない

に投稿

婚活している人に多い男性と女性の特徴

婚活をする人に多いのが、自分に自信がアリすぎる人と無い人。
そう両極端なんです。
どちらでもない人は婚活せず恋愛結婚が多い気がします。

ではなぜそうなるのか。

自信がアリすぎる人は男性に多いのですが、基本的に女性に敬遠されます。もちろんそういった自信に満ち溢れた人が好きという女性もいますが、最近では俺が俺がの人よりも私のことを一番に考えてくれる人!なんていう男性が人気なのです。
女性も有名大学を卒業し、十分なキャリアをつんでいるキャリアウーマンともなれば、表に出すつもりはなくとも自信に満ち溢れた女性になっています。

男は劣等感が強い人も多くいるので、そういった高学歴の女性が相手だと、どうせ俺なんて相手にされないと声を掛けること無く、魅力的な女性にもかかわらず婚期が遅れるのです。

一方、自信のない男性は一番たいへんです。女性は難しいところがあり、自信たっぷりの男はイヤ!と言いながら、自信のない男も無理というのです。

難しいですね。
自信がありながら、それを内に秘めた男性が良いのでしょう。
少なくとも男性は自信のない素振りは女性に敬遠されることを覚えておいた方が良さそうです。

しかし自信のない女性は例外で、男性に求められます。大丈夫、俺が守ってあげるとなるのです。
ややこしいですよね。でもそれが男女の特性なんです。横浜市 練馬区 引越し

に投稿

結婚すると決めて婚活してください

婚活についてネット上で調べたときに、大体出てくるのが似たような話ですよね?何か1つでもヒントになればきっかけになればうれしいなと思って書いているんですけど、なかなかそういうのが伝わっていないなと思ったのです。そこで何かひとつ心に届く、心に刺さる、婚活ちゃんとやってみようかなと思ってもらえることを書きます。

まず最初に質問なのですが、結婚したいですか?
本気で結婚を望むのであれば結婚したいと自分自身に自分のその考えを聞かせてあげてください。そうすることで必ずその方向に向かいます。

何かしら理由をつけて婚活を行っていないと結婚はできません。結婚するんだと決めて婚活をすることで婚活をし続けることでその先に結婚生活があるのです。

なのでできたら結婚したいなぁ的な感じの考えの方は結婚すると決めてください。必ず結婚に人生が向かいます。これは結婚だけではありません。例えばいつかはマイホームがほしいなーと思っているだけでは、手に入れる確率は半々です。絶対に一軒家を買うと思っていれば、その方向に話は進みます。

私にも不思議な体験があって、一軒家がほしいといつか絶対に買うと決めていたら、30歳ぐらいで結婚した嫁のお父さんが不動産会社に勤務していて、こういう物件があるぞと紹介されました。それはとても自分では買うことができない東京23区内の物件でしたが、3千数百万円で新築一戸建てを注文住宅として買うことができたのです。思っていればいつかは叶います。結婚すると決めて婚活に臨んで下さい。